FC2ブログ
Top About Twitter(別ウィンドウ) niconico(別ウィンドウ)
瞳を閉ざして 無意識の海の中で 何かを探してる ここに居る理由求めて
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.10 Tue
前回のあらすじ


明日早いのに夜更かしして大丈夫か?
最後に時計を確認したのは3:34 なんでや!阪神関係ないやろ!

続きはWedで!


この記事はこちらの記事の続きです
お先にそちらをお読みください




起床時間:
8:12


\(^o^)/

急いで着替えて部屋を出る
今思うとこれがアレの原因じゃ・・・・

まぁ近場ですし地方イベでは十分な時間だと思いますけどねー
遅延料金も100円程度でしたし

大体8時30分ぐらい

付いてみると下の階に結構人が集まっている
知り合い待ちだったりするのかな?と思いながらエレベーターへ

・・・・人が予想以上に少なかったです
やっぱりほとんど下で待っていたのかなんやかんや

その後スタッフの人の話があり、別にその時点で並んでたわけじゃないのでスタッフの人の気まぐれでカタログが早く買えるシステム(スタッフにタッチされたら先に行っていいよ!)のおかげかなりの前に
うわー!運いいー!


その後は特にいう事ないでござる
ただ電池先生と充電器先生の顔色伺いながらツイッターするだけでした

10時30分:祭りの始まり

10時ごろに別の場所に改めて移動しそのまま待機
そして30分になり・・・アンダーグラウンドカーニバル開催!(わーわーぱちぱち)


まず私は速攻で茶葉さん【B02 HORTENSIA】のところに突撃
新刊購入してスケブをお願いする
(茶葉さんのサイトは→のリンクにあるから見てね!!)

そしてとりあえずBを一回り(Bのほうはこいしちゃんが中心っぽかったので)
色々買って次は適当に色々な所を回る作業

流石に全部は覚えてないのですが(戦利品見れば思い出せるけど)幽香さんのキャンパスが凄まじくカリスマまみれでした
・・・・あれ?これ地霊イベントだよね?


そんなこんなで時間も経ったのでスケブを貰いにいきます
こいしちゃんマジ天使でした 茶葉さんありがとうございます!
流石にこれは思い出にしておくのでうpりませんよー 流石に見せるにしてもリアルじゃないと

そんなこんなで次はぢせさん【B13 賽子楼】の所に
既に新刊のほうは購入したので改めてスケブのお願いに行きました

この辺りで1回上に昇りました
・・・・がほとんど何も買わなかったなぁ・・・(遠い目)



なおこのイベントには前日すごーくお世話になったひあきさん(なんて呼べばいいか(ry)も居ました
ツイッターでちょくちょくつぶやいてて場所も呟いてたのですけど・・・・

私がチキンすぎて結局最後まで会えませんでした
(多分すれ違いとかはあったとは思う)

ほんとにすみませんでしたああああああああああorz(ジャンピング土下座)



気を取り直して続き

ぢせさんの所に戻ってでスケブを貰ったころ時間は既に1時
本当にありがとうございました!!

時間的にあと1枚ぐらい描いて貰えるかなーと思って好きな絵師さんの所を伺ったのですが流石にNO
まぁ貯まってるだろうし仕方ないよね・・・

とりあえずどこかないかなーと思って伺ったのは粗茶さん【H09/H10 粗茶る】の所
あーるさん経由で伺った結果OK貰えました!

・・・・例大祭と被ってたイベントの時以外毎回見てるんですよねー 陸の孤島勢にはほんとにありがたいのです
ほぼ毎回でっかいラミネートの奴買ってます(今回もアリスの買おうと思ったんですがタイミング逃しましt

そんなこんなでOKを貰えたので依頼
以前幽香さんをでかい頭身で描いてもらったので今回はデフォルメ寄りで違うキャラをお願いしました
ありがとうございます!

まぁスケブのキャラは全部こいしちゃんなんですけどね
言わずもかな そりゃ地霊オンリーですし、さとりんもワンチャンあったのですが投げ捨てられました
地味に今回学習したのがキャラごとにスケブ複数用意すべきだというこt(ry

その後はもうほとんど見終わったので休憩しつつ最後に見回るぐらいでした
色紙全部取れなかったよちくせう!!!

そんなこんなでイベントも終わり


アフターイベントはじゃんけんで商品を取るのらしかったんですが
体力が残ってなかったのとジャンケンにトラウマ的なものがあったので回避

次あるなら参加したいですね。




次回最終回

今回画像とかなくてごめんね!
雑記    Comment(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。