Top About Twitter(別ウィンドウ) niconico(別ウィンドウ)
瞳を閉ざして 無意識の海の中で 何かを探してる ここに居る理由求めて
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11.22 Sun
今までツイッターでいろいろ言ってきましたが
ずっとまばらに言ってきたので中途半端になっていた印象です

なのでこの際一気にまとめてみました

続きはWebで!


まずこの試合までの主な中継ぎ候補についての成績を
山﨑2回   防御率0.00 失点0 被安打0 四死球0 三振2
牧田1回1/3 防御率0.00 失点0 被安打0 四死球1 三振1
澤村2回    防御率4.50 失点1 被安打2 四死球0 三振0
増井3回    防御率9.00 失点3 被安打3 四死球0 三振3
松井3回    防御率6.00 失点2 被安打7 四死球1 三振2


成績的に見ると上から順番にいいです

山崎牧田は文句無しにいいです
澤村も失点はエラー絡みで捉えられた当たりは少なく、被安打的にも少なめなので悪くはないでしょう
増井は前まではよかったですが、一番間近の試合で3ランを打たれる失態を犯しています
そして松井は普通にヤバイです 明らかに絶不調です


では実際の継投の経過を
試合は大谷が7回まで85球1安打で完璧なピッチングしましたが
ここで則本に交代します

メディアではここがよく批判されていますが私はそこまで問題ないと考えています
そもそもこの大会は選手がシーズンの疲れを癒したり、キャンプで適切にケアをするオフに行っており
それを削ってまで12球団(今回2球団いないけど)が選手を貸し出している状態なのです
ですのであくまで借りている選手を下手に無理させるのは怖い判断もあったはずです
実際に7回の大谷は球が多少怪しい面もありました
ですのでここはまだ問題ありません

8回の則本ですがわずか8球で1イニングを締めました
実際に1イニングの則本はこれまで
被打率.000 被出塁率.000
と素晴らしい成績を残しており、セットアッパーとしても申し分ありません
・・・が、しかしここで完璧なピッチングをしてしまった故なのか
油断が生まれてしまったのか・・・惨劇はここから始まります

この完璧なピッチングだったからなのか、それとも元々その予定だったのか
4人もいる本職のクローザーを差し置いて則本が2イニング目のマウンドに上がります
ですがこれがまず問題です
2イニング目の則本の被打率なんですが
被打率 .467 被出塁率 .600
と恐ろしいくらいに打たれています
実際に平均球速も落ちておりかなり打ち頃の球になっているでしょう

元々回跨ぎは本職の中継ぎでも結構打たれることが多いもので
本職が違う選手では更に難しいものだったでしょう
ですがまぁここは1イニングがよかったので信じた、でまだ致命傷ではありません
(短期決戦でこういうの軽視するのは非常に危険ではありますが)

まぁ案の定2イニング目の則本が打たれたのですが
安打安打タイムリー安打死球
結果:「1失点 無死満塁」まで何故放置する?

1イニング目ならともかく2イニング目ともなるとプルペンも準備させて焦げ臭くなったら交代するのが普通です
でもこれ完全に燃えています

更にこの時ブルペンで準備しているのが「松井」「増井」です
何故よりにもよって切れるカードで悪いカード下2つから切るのか?
しかも今回の相手はパリーグで大活躍したイデホのいる韓国です
実際に自分の知っているパリーグの投手の弱点をレクチャーしていたそうです
にも拘わらず東京ドームというセリーグの球場でこれだけの条件があるにも関わらず
この試合パリーグの投手しか投げていません
大谷や1イニング目の則本は調子もよくこれを上回ることが出来ましたが
調子も落ちた2イニング目の則本や不調の2選手を出すことは火に油を注ぐのと一緒です

これは文句なしの結果を出している山崎や本拠地球場としている澤村などの
本職抑えに対しての最大限の侮辱と捉えてもいいくらいです
贔屓球団が横浜で結果贔屓リーグがセリーグなので尚更言いますがここで使わないなら呼ばないで貰いたい

とまぁ何故か無死満塁まで放置したわけですが
そのあとの継投も尚更おかしい
満塁という押し出しも許されない場面でコントロールが悪い今大会絶不調の松井を登板させます
こんなん押し出ししかないじゃないですか
そうでなくても甘い球を痛打されてタイムリーなんて余裕で予想できます
しかも彼は日本選手最年少でまだ2年目の投手です
ここを任せるには余りにも酷すぎる

とまぁ予想通りに押し出し
そして問題のイデホが出てきてそこでまた交代して増井を出します
今年はイデホに対して4打数無安打4三振と相性が良かったのでここはまだわかります
(なお昨年より前はボッコボコに打っていた模様)
しかしここで2点タイムリーを打たれ逆転・・・

正直満塁で出されたら山崎や澤村、初見殺しの牧田でも抑えていたかは怪しいです
というか厳しいでしょう
しかしもう少し疵痕が少ない状態で継投or回の頭から出していれば
多少点は取られていたとしても勝利に導いていたでしょう
それが代表戦に選ばれるレベルの本職のクローザーです

実際増井はこの失点だけで納めています
点を取られたのは残念ですが無死満塁でこの失点に収めるのはむしろ褒められるべきです
前試合で多少調子を落としていたものの松井ほど絶望的に不調というわけでもなかったのでしょう

正直長い文章疲れてきたのでざっくり最後にいきます
最後松田に代打中村(おかわり)を出しますが
元々中村は4番に座っていたものの不調&足の怪我でスタメンから外れていた選手です
松田も不調だったとはいえ、この後の3位決定戦ではホームランを打っており、
またそこそこ足も速いので内野安打もありえました

なのにそれを交代というのは明らかに自爆行為です




とまぁそんな感じで長々と言いましたが・・・
以上のとおり明らかな采配ミスによる敗北です
あらゆる手で悪手ばっかり選択しているので結果論以前の問題です

3位決定戦では勝利して3位になることができました
山崎も投げました

でも全然うれしくないです
重要な試合で一番悪い手使って負けたというのに
実質的な消化試合で一番良い手(山崎)を無駄に使われて何処で喜べと?

山崎はただでさえルーキーというのもあり疲労が心配された選手だというのに

とまぁ・・・こんな感じです
最終的に私がいいたいことはこんな感じです
その1
その2
その3

もし今回の件で学習せず同じ轍を踏むのなら
今後セリーグの選手を一切召集しないでパリーグだけで勝手にやっててください


追記(11/23):
中日の大野がさりげなくとんでもない暴露をしていました
「ブルペン担当の投手コーチ不在とあって、何度も肩を作るのに苦労しながら過ごした」
あのさぁ・・・・?
本職の中継ぎが居たならまだしもほとんど先発と抑えなのにどうしろと・・・?
抑えは9回頭のセーブ機会でいくぞおらー!で行くタイプですし

もしかしたら出番が来るかもしれない!
で無駄に投げて準備をしていた可能性まで出てきました
正直もうこれ信じられない・・・

選手を預けたくないですよこんなの・・・・
雑記    Comment(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。